19-03-16 リーディング大学院

リーディング大学院に関わりだしてだいたい7年ですが,事業が一つ終わって次のステップに移行しようとしています.いろいろありましたが,多くの優秀な学生さんを育てることができたこと,優秀な学生さんに刺激を受けてうちの学生さんも成長したり,いろんな先生方,スタッフの方々と関われるようになりました.

最初は山形大学広報誌「みどり樹」54号
https://www.yamagata-u.ac.jp/jp/files/7714/5525/1461/mid54.pdf
にある通り,少人数で始めたのですが,昨日の追いコンでは

この人数.いやぁ大きくなりました.最後の方はどうしても外からの係りになってしまったのですが,でも,ここまでいろんな学生さんの育ちを見れてよかったです.

実際に申請書の段階から関わっていましたので,どうやってグローバルリーダーを育てるかという点で考えていました.

「別に自分自身が受けてきた教育に不満や不平はない」

のですが,申請のときに,グローバルリーダーを育てるためには広い視点(複眼的視点だったっけ?)と自主性が必要だよねということでカリキュラムを作っていった気がします.

たとえば「学会の運営」ですが,色んな人と話ししてほしい(財布はスタッフが持っていますが)ということで入れて,いまではSmasysとなって存続しています.

また,短期・長期インターンシップは自分自身,外の世界を知らんまま来ちゃったんですよね.(まぁ,違うところで揉まれまくったので例外規定ですが)普通の場合,知らない選択肢は取らない,っていうのも理解していたので,知る機会を作ればいいよねということで入れています.

海外短期研修はもともと学科でやっていたのにマージしたらいいよね,とか.あとは,ネットワークを積極的に広げたい人は広げられる環境を作る,どうしても引っ込み思案な学生さんもいるので,そういう子が動きやすい環境を整えるという感じでしょうか?

産学連携教授の先生方にも本当にお礼を言わないといけないです.産業と博士はどうやって結びつくのか,何をしたらいいのか,どこを見るべきかは本当に参考になりました.面接のときは「愛さえあれば」あそこまで言っていいのか(笑)など.工学部なので,当然将来の産業の基盤となるべき研究をやってほしいです.

どちらかというと,私自身こういった教育を受けたとするならば,どうなるだろう,などと思いながら申請をして,実際に運営できたと思います.その結果,非常に高い評価をいただきました.基本的にきちんと真面目にしたらうまくいくな,と.
https://www.jsps.go.jp/j-hakasekatei/data/jigo_hyoka/h24/jigo_hyoka_kekkaH30.pdf

研究力は基盤なので,その先に何を求めるかになるかと思います.(まぁ,このあたりはいろいろ意見があると思いますが).今回はグローバルと産業にある意味絞ってやりましたが,さて,次はどうしようかと考えています.

リーディングで幅広い方向の人材を育成する必要があるというのを知ることができました.

(Kumkumさん載せられなかった・・・)

二期生のメンバーたちです.それぞれ違う道に旅立ちますが,ずっとこの関係で研究などできるといいな,と思っています.

次は本当に1から松葉のところで育てたいんだけど,多分癖が強いから,もうちょっと時間が必要ですね.たぶん.

カテゴリー: お仕事 | コメントする

19-03-08 APS at BOSTON

今回,本学の熊木先生,FSUのProf Alamoからお誘いを受けたので,APS March Meetingに参加してきました.せっかく行くなら,ということで,本年度非常によく頑張ってくれた学生さんも海外デビューということで連れて行くことにしました.

ボストンは現在と過去が入り混じっていて楽しいですね.

で,学部生!なのにAPSで発表しました.ものすごい成果です.嬉しいです.

土井先生に説明中.

本当にいろいろな方にお世話になりました.ありがとうございました.

2015年の春にSan DiegoのACSに行ったとき,学生さんを連れてこれなくて非常に悔しい思いをしました.4年が経ち,BostonのAPSで学生さんに発表してもらえるように慣れて当方も非常に嬉しく思っています.来年以降も,このような形で学生さんを学会に連れていけるよう指導をしていくとともに,もうちょっとScienceやEngineering,特にPolymer Crystallizationの研究を進めていきたいと思います.

カテゴリー: お仕事 | コメントする

19-02-21 卒業研究発表会&祝賀会(2018年度)

2月19日に無事に卒業研究発表会が終わりました.公聴会ではないので,簡単に研究紹介.今回は5名の学生さんでした.基本的に全員繊維学会で発表してくれる予定になっています.

1.  今井啓暁くん:「発泡材料の画像解析を用いた解析」自分自身で研究テーマを発掘して,興味深い解析手法を見つけてくれました.いわゆる今井メソッド.

2. 宇津木茂樹くん:「吸水状態における固体高分子形燃料電池膜の分子量依存性」11月から2ヶ月にわたって原研に行くなど非常にアクティブに学んでいた学生です.しっかりとした議論ができていました.

3. 太田和樹くん:「セルロース系繊維の新規染色手法による物性改質」地元企業との連携で新たな染色手法に対する構造解析を行っていました.2月のSP-8の結果を入れてくれて非常にデータの厚みを増していました.

4.長崎茜さん:「わらびもちのナノスケール構造と粘弾性挙動の相関」しっかりとした良い発表でした.議論にもきちんと応えていました.プレゼンおよび議論のレベルは非常に高かったです.

5. 間瀬元太くん:「ポリフェニレンサルファイドとポリアミド系樹脂のブレンドの結晶構造解析」かなり練習をしてくれて,レベルは高かったです.今後に期待が持てる研究内容でした.

というわけで,5名とも無事に終わりまして

晴れやかな笑顔です.

祝賀会ではいいニュースも有りました!修士英語発表でBest Presentation Awardを前田悠梨香さんが受賞しました.発音もクリアできちんと英語を話せていました.また,議論も英語でやっていたのが評価されたのだと思います.

おめでとう!さらに,卒業研究発表会において,優秀プレゼンテーション賞を宇津木茂樹くんが受賞しました.

しっかりとしたプレゼンと中身と自信のある議論の賜物です.おめでとう.

最後に3枚ほど.

大学院修了(見込み)の4名の学生さん

何研究室やねん,というB4(卒業見込み)の5名.

皆さんお疲れ様でした.

 

カテゴリー: お仕事, 研究・実験 | コメントする

19-02-18 修士公聴会(2018年度)

少し遅くなりましたが,修士論文公聴会が2月14日,15日と開催されました.松葉研究室からは3名の公聴会を行いました.

1.佐藤健くん「核剤添加によるポリプロピレンの内部構造の変化の解明(The effects of transparent nuclear agents on crystal of isotactic polypropylene)」

英語発表でした.よく頑張っていました.発表はPPの透明化核剤におけるモルフォロジーの変化について議論したもので,放射光X線を主に利用して透明化核剤を用いた際に成長するγ晶に着目したものです.副査は西岡先生,高山先生にお願いしました.西岡先生からは延伸時に観測されるγ晶がなぜできるのか?どういう分子構造で起こっているのかの議論をしていただきました.また,高山先生からは球晶のサイズについての議論でした.透明化には非常に重要な議論です.また,杉本先生から,γ晶の成長メカニズムについて,滝本先生からは結晶のサイズについての議論をいただきました.しっかりモルフォロジーについて議論できたかと思います.

2.前田悠梨香さん「ポリエステル系織物の染色前熱処理における構造変化とU字型染着の相関(Correlation between Morphological Change and U-shape Dyeing of Polyester Fabrics)」

前田さんも英語発表でした.内容はずっとやりたかった(重要)繊維内部の染色性についてです.特に古くからの課題のU字型染色現象に着目し,モルフォロジーからの観点で議論してくれました.副査は滝本先生,杉本先生にお願いしました.まず滝本先生からは,散乱プロファイルの解釈と非晶と染料の相関についての議論でした.非常に本質をついている質問でしっかりと答えていました.(英語で)また,杉本先生からは,構造の温度依存性についてのメカニズムはについて議論が有り,熱処理による構造変化について答えていました.プレゼンは,発音がクリアでハキハキと発表していて,発表は広島のIPCと比べても十分に成長が感じられました.

3.佐々木健太くん「燃料電池膜の吸水プロセスにおける精密構造解析」

燃料電池膜の吸水直後のプロセスについて精密構造解析を行った発表になります.副査は西岡先生,伊藤先生にお願いしました.まず,構造解析について西岡先生からアイオノマーとの相関について議論してもらいました.また,伊藤先生から吸水プロセスについてと緩和時間というのはどうか?実際のところは平衡に達する時間と考えたほうがいいのでは?という助言をいただきました.また,分子量についての議論も有り,非常に充実していました.

3名ともお疲れ様でした.

終わったあとの満面の笑みでした.

明日は,B4の卒業研究発表になります.

カテゴリー: お仕事, 研究室 | コメントする

19-02-13 修論公聴会前日

とかいいながら,先週はずっと出っぱなしで

2/5-7 SPring-8で実験.なお,終了後一瞬だけ米沢に戻り学生の原稿チェック.

2/7-10 J-PARCにて実験.

みたいな日程を過ごして,11日は家族サービス,12日からは朝は打ちあわせ@小白川(大成功),午後から修士の練習会をメインにやっています.書類ばっかりだけど.

ラストスパート頑張って欲しいところです.

上杉雪灯篭まつり.寒かったです(笑).

カテゴリー: お仕事 | コメントする