18-05-04 論文

いろいろありまして、論文書いています。まぁ、書き続けるのが仕事なので。改めて学生のデータを見直すと、う~ん、もったいないなぁ、もうちょっと解析してたらもっといろいろわかるのに、なんであきらめてしまうんだろう?

とか思ってしまうわけです。いいデータだから論文にはできるんだけど…。このあたり、なかなか学生に合わせた指導をやっていかないといかんなぁと思うわけです。それもあって、方針を変えたのはどこかで書いたんで省略。学生を一人で育てるのは無理、社会に出すことで育てる、社会人も学生を育てることで育つ、いい方向のスパイラルなんですよね。

あと、学生さんを見るとやっぱりやる気があるのは前提として…それを見せるのは大事だと思うんですよね。やる気ないのは、話にならないから俎上にすら上がらないからいいですが、見せるのは大事。どうやってみせるか、なんですよね。

ちょうど、一年生の学生さんを紹介してもらって、いろいろ質問受けたり、相談に乗ったりしていますが、明らかにやる気があるし、いろいろやっているから「わかっている」んですよね。

逆に言えば、私もそのように評価されているということになりますよね。何をしたいのか、これからどういうように研究を広げていくのか、どういう形で学生の教育をしていくのか、さらにいうと社会貢献するのか、を考えないといかんと。なんか甘えている人が多いような気がして…。もうそういう時代じゃないと思うんですよね。

タイの友人からのおみやげのロンガンのはちみつ。身体にいいらしい。

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です