18-09-22 研究室のActivity

金曜日は共同研究先に生き打ち合わせでした。研究室として、最初の一回目を除いて、基本的に松葉が同席のもと学生に発表してもらうということにしています。というわけで、今回は三人の学生さんが発表。

院試が終わったところの4年生から、M2までいるので、進行スピードは差がありますが、皆さん頑張っているのが伝わったと思います。

実験はそこそこやるし、データはそこそこたまるけど、次だよなぁ、と思いながら次を進めていくのは松葉ですし、頑張っていかないと。実験の次は理論的な裏付けだよね、と。

終わった後にラーメン。都会だったんで、学生さんとホテルが違うため、一人で。さみしいよねぇ~と思いながら。

いい気分で戻ると、論文がアクセプトされたとの知らせが入りました。この論文は前職の時から始めて、学生さんの助けを借りつつ、震災で放射光も中性子も止まった時を乗り越えて書いた論文なので、喜びもひとしおです。いやぁ、マジでうれしい。

で、米沢に帰ろうとしたら、新幹線がない…仕方ないので、上野のヨドバシで

を購入。学生に次の学会などで配ってもらう予定。少しずつだけど、この手のが大事だとちょっとずつ広がってきたのでいいかなぁ、と。別に就職のためってわけじゃないけど、でも、就職も学生にとっては大事だしね。名刺配っていい縁を作るという訓練も必要かな。

研究室は大変ですが、論文がかけそうなデータを持つ学生も増えてきましたし、非常にActivityが高くなってきたな、と。(SP-8のビームタイムが多いってのは好影響です)いろいろなところから研究費をいただいて研究をするのも楽ではないですが、きちんと学生さんの教育のために「投資」すれば、きちんと見返りがありますね。

投資なので、リスクヘッジもしないといけないのですけどね。

ただ、学生さんが成長するため、そしてきっと一緒に議論していただく共同研究先でもいい影響を与えることができる(と信じている)と思うと、こんなに効率的なお金の使い方は無いと思うんですけどねぇ。たぶん、今まじめにしている学生さんは、就職したらトップ取れると思っています。ええ。

この調子で成果を出していきたいですね。実験をきちんとして、議論をきちんとする学生を評価したいですね。その子をしっかり伸ばしていく仕組みを作って、いっしょに世界でうちしかできない成果を出すのが、私の役目かなぁ、などと考えています。

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください