18-12-08 長期出張

11月25日から
東北放射光のシンポジウム@仙台→PF実験(26日)→東海で実験見学(27日)→米沢で所用(28日)→南京でシンポジウム(29日〜2日)→上海で飲み会(3日)→IPC@広島(5日)→外部評価委員会@米沢(6日),東華大学シンポ(7日)という日程をこなしました.

いやぁ,なんじゃこりゃ.

ここで思ったのは,
◯研究どころか,開発,営業でも英語を話せたほうが多分お金はたくさんもらえる.
◯引っ込み志向はぶっちゃけ損.出るんだったらさっさと出たほうが得.もらえるものは大きい.(正直,失敗させるようなヘマはさせないけどね)
◯レベルを上げるために努力するのは当然.何もしなければ周りが上がるから,相対的に下に行く.
ですかね.誰もいないところを開拓するのが好きなので,それでやっていきましょうか,と思っています.今回の一番の成果は,国際化で

Liくんをきちんと中国のトップ大学に紹介できたこと(でそれによってActivateできたこと)と,

松葉研のM1たちに国際交流をきちんと体験してもらうことを達成したことかと思います.

大学は研究する場所であると同時に,学生と一緒に研究を通して教育してもらう場所なんだぞ,ということで.方法論あってると自信になりました.

実はDonghua大学とのご縁って,Nanjing大学とのつながりから生まれています.(Donghuaの先生のSupervisorがNanjing大学の私の友人)いろいろありましたが,ここまで来ました.先生はShanghaiじゃなくて,Nanjingがふるさとでしょ?と言われていますが(笑),多分そうなんでしょう.こういう場をきちんと体験してもらえる場を提供できたことは非常に嬉しいし,それをステップアップの場として動いてくれる学生がいることが本当に嬉しいです.明日の活力ですね.

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください