19-02-03 Nanjing Universityとの交流

というわけで,先週は友人であるProf Hu+学生さんたちの来訪でした.独立してから,あんまりこちらに回せるBudgetがなかったというのもあり,ようやくこの手のことができるだけの色んな意味での余裕が出てきたことって言うことかなぁ,と前向きに捉えています.

決まったのが12月のNanjingで,これから交流しようねとなって,そのあと年末にだいたい詰めたのでマジで急に決まったのですが(笑).MOUや協定を結んでも結びっぱなしになっているのもおおいので,なんとか実質化したいと思っておりました.Donghuaはリーディング大学院を通して実質化しているのでいいんですけども.

備忘録代わりのメモ.今回嬉しいことも多かったので写真多めで.

29日(火):どうせ来られるの夜でしょ,とか勝手に思っていたら15時の新幹線乗ったと連絡が入り,急に学生を手配して,Pickupに行ってもらいました.ちょうど4年の卒論発表のチェック中で焦りました.

晩御飯はCocosになりました.こういうときファミレス一択ですね.

30日(水):学生さんの国際化を図りたいと常々考えていまして,なんとか英語発表させる機会をというわけで,Prof Hu先生の研究室との研究紹介をすることに.先生たちの講演はまぁ,いいとして.一部の学生は種々参加できなかったようですが,参加してくれた学生さんはみんなそれなりに上手く発表してくれました.

で,昼飯に生協に行くのですが,なんか特定の子しか来ないんですよねぇ.もったいない.まじでもったいない.言いたいことがうまく伝わらない,どう言ったらいいんだろうって考えてもOK,でなんとか伝えようとする練習って本当にどこかでやっておかないといかんのに.と思いながら.これが積み重なると…って思っております.

午後はMilano研に行ってもらったり,伊藤先生と議論していただいたり.私はLi君の練習みたり,打ち合わせしたりでした.夜は車がない(嬉しい誤算で想定より人数が多い)ので,歩いていけるところってわけで三宝亭へ.

31日(木):Li君の公聴会の日でした.松葉はリーディングのQE業務と兼ねて.まぁ,まずQEの話を聞いたあとに,Prof Hu先生のセミナーでした.

結構大胆なShish-kebabの解釈を聞けたりしました.個人的にはすごく面白かったです.実験的なところはもうちょっと深めたいなぁと思いつつ.で,午後は生協に行って飯を食った(だから,学生さんもっと来てくれればよかったのに)あと,Hu先生は,Sathish先生のあと,Li君の最終チェック(公聴会って…),学生さんはうちの子たちと一緒にドラッグストア→ケーキ屋さんへ.私はQEの続き.

で,Li Kunの公聴会でした.実ははじめての主査としての公聴会でした.緊張しましたが,無事に乗り切ってくれました^^マジで嬉しい.

その後は,歓迎会+お祝いその1で,いろりへ.

写真見て気がついたのですが,Li君の修士のときの指導教員のMa先生のSupervisorなんですよね.Hu先生.そもそも本学のリーディング大学院とDonghua Universityと交流が始まったのも,たまたまHu先生の研究室@まだNanjing Universityが街中にあったころ,に遊びに行ったとき,卒業生が遊びに来ているから,一緒に飲もうと誘われて名刺交換したのが始まり(真面目な話).色んな意味で感謝です.

2月1日:私は書類などをコソコソと作っていました.Hu先生たちはLPICへ.Ajit先生,Thank you very much!学生さんたちは小野川に「かまくら」の中にラーメン食べに行くとか言うので,(足湯だから大丈夫!とかいいつつ)お任せすることに.まぁ,英語しゃべれないけどなんとかするでしょ,と考えつつ.Hu先生+Li君とCafe 吾妻で昼を食べたあと,Hu先生は,熊木先生→宮先生と議論.とりあえず,来週以降の打ち合わせのための準備.

ラーメン@かまくらの中,小野川温泉.WenもYihuanも楽しんでくれているようです.よかったよかった.

このあたりでアイスブレイクも進んだのか,最後の交流会は盛り上がっていました.機会だけだよね,と.掴むか掴まないかは自由だけどね.

というわけで,また会いましょうということで.

すごく充実した一週間でした.また,やりたいですね!

で,これで来年度の目標を決めました.学生を外国から受け入れる,学生を外国へ送り出すぞ,ということで,がんばります.

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください