19-02-21 卒業研究発表会&祝賀会(2018年度)

2月19日に無事に卒業研究発表会が終わりました.公聴会ではないので,簡単に研究紹介.今回は5名の学生さんでした.基本的に全員繊維学会で発表してくれる予定になっています.

1.  今井啓暁くん:「発泡材料の画像解析を用いた解析」自分自身で研究テーマを発掘して,興味深い解析手法を見つけてくれました.いわゆる今井メソッド.

2. 宇津木茂樹くん:「吸水状態における固体高分子形燃料電池膜の分子量依存性」11月から2ヶ月にわたって原研に行くなど非常にアクティブに学んでいた学生です.しっかりとした議論ができていました.

3. 太田和樹くん:「セルロース系繊維の新規染色手法による物性改質」地元企業との連携で新たな染色手法に対する構造解析を行っていました.2月のSP-8の結果を入れてくれて非常にデータの厚みを増していました.

4.長崎茜さん:「わらびもちのナノスケール構造と粘弾性挙動の相関」しっかりとした良い発表でした.議論にもきちんと応えていました.プレゼンおよび議論のレベルは非常に高かったです.

5. 間瀬元太くん:「ポリフェニレンサルファイドとポリアミド系樹脂のブレンドの結晶構造解析」かなり練習をしてくれて,レベルは高かったです.今後に期待が持てる研究内容でした.

というわけで,5名とも無事に終わりまして

晴れやかな笑顔です.

祝賀会ではいいニュースも有りました!修士英語発表でBest Presentation Awardを前田悠梨香さんが受賞しました.発音もクリアできちんと英語を話せていました.また,議論も英語でやっていたのが評価されたのだと思います.

おめでとう!さらに,卒業研究発表会において,優秀プレゼンテーション賞を宇津木茂樹くんが受賞しました.

しっかりとしたプレゼンと中身と自信のある議論の賜物です.おめでとう.

最後に3枚ほど.

大学院修了(見込み)の4名の学生さん

何研究室やねん,というB4(卒業見込み)の5名.

皆さんお疲れ様でした.

 

カテゴリー: お仕事, 研究・実験 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください