20-06-23 Web講義まとめ1(まつば)

コロナのせいで急に取り組まなければならなくなったWeb講義についてです.実は,2〜3年ほど前からWeb講義にしてやろう(笑)とか企画していまして,いくつかの講義は既に準備していました.ここで一旦まとめようと思ったのは,高分子熱統計力学のアンケートでいろいろご意見を頂いて,(良い意見も改善すべき点も上げてもらいました)ここで,将来のため,誰か困った人がいたときのために置いておいたほうがいいなと思いまして,まとめます.

1.4月2週まで
コロナが日に日に悪化していく状況の中,大学の方針もコロコロと変わりました.(対面授業すると言ったり,しないと言ったり,いろいろ).最終的に大学の中からコロナが出る可能性がある以上,当面Webクラスにしなさいという連絡が来まして,基本的にWebクラスで授業を組み立てることに決定し,種々交渉を行いました.

◯輪講I→今年は幸い?に担当に当たってる年度.ばらばらでやるつもりだったが,共担の先生方と話し合った結果,松葉は約50名を6月に担当することに決定.読ませたい論文は集めていたので,英語と高分子物理を学べるような内容にしようと決定.詳細はしばらく時間があるので置いておくことに.
◯高分子科学(串刺しのやつ)→こちらは今年始めての受け持ち.とりあえず,合成,物性,材料みたいな形に分けて,物性担当に.こちらも受け持ちが5月末からなので,しばらく時間があるということでPending.
◯力学の基礎→共担の先生ともともとWeb化しようとか言っていたので,PPTはまとまって存在していました.あとはクラス分けテストをどうするかを打ち合わせて決定.最初はLine ですることに.
◯熱統計力学→松葉が1人でやっているため,すでにPPTはある程度まとまっている.ただ,著作権の問題がある事がわかったため,いくつかPPTを作り直す必要がでました.この講義は松葉のみ担当で,木曜日なのでGWの間もある事がわかっていたので,5回目までのPPTをあらかじめ作っておいて,スタートダッシュが決められる形に.

講義が4月20日の週からと決定したため,Web講義についてかなり真面目に調べる.個人的に考えた問題点は,著作権の問題がでてきました.色々文科省なども動いていただいた(褒めてる)のですが,正直良くわからん(笑).それで,可能な限り著作権フリー素材を使うことにしまして,探せば結構存在することが判明しました.特にOpen Universityの高分子の英語の説明は助かりました.リンクが4月16日にアップしたのに残っています.

あと,読めなかったのは学生のネットワーク環境でした.4月2週くらいまでの時点で,ネットワーク環境が明らかに貧弱でやばいことになっている学生,全く先輩や同級生からの情報が得られず混乱している学生(特に新入生),とりあえずパニックになっている学生がいました(対応はできる限りしたつもりですが).それを持って講義の方針を決定しました.
◯学生たちの通信環境は貧弱な可能性がある.そうである以上,貧弱な方に合わせるべきであろう
◯ZOOMは(当時)100名の制限あり.大きい講義をやるのは無理.
◯学生には選択肢をもたせたほうがよい
ということで,やったこと
1.力学と熱・統計力学は松葉担当がはっきりしているので希望者に向けてLineのグループを作成
2.PPTはすべてWebClass上にアップ.著作権の問題もクリアして,来年以降も少しの手直しでやりきれる形にする
3.実は研究室の方針もそうだったのですが「学生に選択肢を与える」ようにしました.
4.ネットワークが貧弱な学生向けのコンテンツを作る必要がある.

1.はもともと研究室でしているので抵抗ないですし,2.は準備しています.3,は実は松葉研の方針でして(Nicoさんがいたという理由もあるのですが),来てもいい,来なくてもいい,基本的に毎日Lineだけして生存報告をしてくれ,それ以外は実験しようと何しようと構わない,家で仕事してもいい,という方針にしました.下手に家に閉じこもらせるほうが,三密の危険があるかと考えまして.

若い学生さんって選択肢がないことを極端に嫌がるという気がしています.無いほうが頭使わなくていいから楽じゃん,ってのは,事実ですが年寄りの考え方ですね.つうわけで,3.を満たせる形で4.を狙うと.そこで,こういうページを見つけました.

学習院大学の田崎先生のページ

どこでどうやって見つけたのか忘れましたが,むちゃくちゃ役に立ちました.なら,最初から音声だけでわかるように作ればいい,というのがエポックメイキング(とまでいいます)でした.(存じ上げなかったのですが,田崎先生は物理の世界では非常に著名な先生でした.文章もわかりやすいわけです)録音の部分だけ自分で考えて
MacのボイスメモでPPTを見ながらしゃべる→それを軽量化
のみです.ただ,最初の頃はきちんとつなぎ合わせたりしていたのですが,どうも間違ってつなぎ合わせたのを指摘され,それ以降は一発どり(笑).

ZOOMやMEETは通信量が怖くて使えねぇな,と思っておりました.当時は.そのため,学生にネットワーク環境を,というのはかなり主張した記憶があります.

今年は花見もできませんでした.折角の機会だし,Nicoさんとしたかったなぁ,と研究室で思っております.心残りの一つです.

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください