20-06-26 Web講義その3(まつば)

5月11日から大学が無事に再開しました.最初は職員のみの制限がかかっており,どうしても書類を出さないといけない(というか呼び出しがあった)Nicoさんの研究の立ち上げからやることにしました.

講義の方はある程度流れができており,受け持ちの講義(4つ)について

◯月曜日3コマ 高分子科学(共担)
5月25日より5回講義であり,しかも他学科向け講義なのでできるだけ簡単にわかりやすく教えることにしました.基本は音声講義+ZOOMで開催を決定しました.ZOOMは共担の先生が使っていたので,それで使うことにしました.他学科の学生にあまり細かい高分子物理のことを話ししてもなぁと思いまして,レポートはたとえば熱硬化性樹脂,コンホメーションなどを調べてかきなさい,みたいなタイプにしました.

◯火曜日3コマ 力学の基礎
共担の先生とは別クラスなので,ある意味マイペースで進める.レポート課題は例年より軽めに抑えて,説明の部分を増やすことにする.1年生向けで,高校で物理を取っていない,もしくは取っていても苦手意識がある学生のクラスなので,PPT+音声講義+ZOOMで繰り返し行うことで理解してもらいやすくなることを期待して作っています.どうせ,レポートは見ながらやるんだし,ということで,あまり気にせずに例年のレポート課題の量を調整しながらやっています.レポートはテストではないと言っていますし.

◯水曜4コマ 輪講I
すごく迷った講義がこれでどうやっても輪講っぽくならない(笑)例年は,高分子の物理の教科書を和訳させて考えさせて説明作っていたのですが,ことしはPPTに落とさざるを得ないので,最新トピックスの論文とレビュー論文を集めて,図の読み方,表の読み方から専門のX線や分光,熱測定を説明する形にしました.もうちょっとNMRに詳しくなりたい(笑)ので,教えてください.レポートはほぼ和訳.ただ,なぜここに95度に着目して解析をしたのか?みたいな問題も作ってみました.講義の期間は6月1日〜なので最初の2回分だけ作ってあとは様子を見ることにしました.

◯木曜3コマ 熱・統計力学
もともと5回分くらい余裕があったので,楽はしています.PPT+音声を前日までに準備し,当日にLineの講義をやりながら,ZOOMをやるという技を使って乗り切ることにしました.
気を使ったことは
1.かならず講義の最初に前回の復習を入れること
2.レポートの解答を入れること
3.対応する教科書のページ番号,式番号を入れること(指摘あり)
4.音声講義では,ページを変えるときに色々かきたいとのことから,少し空白を入れること(お願いあり)
5.3年後期の配属が気になると思うので,それとなく研究紹介,研究室紹介をいれること
6.字は大きく,分量は少なく,グラフは何を言っているのかわかりやすく
7.数式の羅列はごめんといいながら変形
ですかね.あと,ファイルを増やしすぎるのは良くないから少なくしてほしいとかも.感想では,研究紹介は割と好評で良かったです.(ただし,これで松葉研志望者が増えるわけではない.家族からは0か20名以上にしないと面白みが足りないと言われていますが)

パワポの情報量はかなり絞りました.分量も多くなりすぎないように(印刷のとき大変でしょうし)25枚程度に絞っています.化学系で思いっきり物理を教えるので,正しいことは当然なのですが,嫌にならないようにするというのも大事かと思っています.あと,「基本的に教科書に沿ってくれているから助かる」というのも言われました.まぁ,そのための教科書をえらんだので.

※元ボスのK先生から「年寄りは目が悪いから小さい字は読めない」とか言われたので,かなり気を使います.逆に,前学長のK先生は「読まれたくないことは字を小さくする」というのを教わりなるほどと思いました.

というわけで,ペースとしては2日に一度録音,それ以外はPPTの仕上げをやっていました.音声録音講義のいい点は,やってたら間違い見つけられる(笑).それでも時々見落としますが,75%くらいはバグ取りできますね!

研究室としては,18日からTA,AAがOKになり,少しずつ戻すように心がけました.実験レポートの確認はTAに手伝ってもらっているので,お互いの仕事の按分を決めるとか.あとNicoさんの実験のお手伝いなどもやってもらっていました.14日から個別で打ち合わせて,方針を確認しました.そのあと,3週間かけて,最初時間制にしていたのを,最大限の感染対策をとって(ボードを入れたり,鍵をつけたり,アルコール置いたり,マスク置いたり)徐々に研究室の再開を行い,25日以降は日付により出席を担当制(3日のうち2日来れる)〜完全に準備ができた6月8日以降は4月2週までの出席自由まで戻しました.ただ,時間だけは830〜1700を守ってもらっています.(大学の規制が取れるまで)

Nicoさんについては,時期に5月末に飛行機が取れた(むちゃくちゃ高いけどと言っていました)ので,帰国の準備をやってもらい,無事にSpainに戻られました.3月に無理して神戸大学に連れて行ってよかったです.

あと,次に学生さんたちの声を読んで感じたことをまとめて終わろうかと思います.

もともとヒッキー気質なので閉じこもること自体は苦ではないのでいいのですが,こまったのはラーメン食べに行けなかったことですね(笑).ラーメンそんなに好きじゃないと言っていたこともありますが,訂正します.毎日とは言わないですが週1で食べないと調子でないです.ラーメンは川井食堂で食べたもの.

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください