21-06-03 出前講義(樹脂粘土)について

今日は講義の後に、愛知県立西尾東高校向けにZOOMを用いた出前授業を行いました。「自動車に使われる高分子」でしたら、特に準備せずともZOOMの接続のみで、60分でも90分でも話できるのですが、「樹脂粘土で遊ぼう」と「自動車・・・」を両方やってほしいというお話だったので、備忘録代わりに残すことにしました。

4月下旬:6月頭に先方から依頼(広報室経由)
→通常、広報室経由です。直接でも引き受けますので(笑)

GW:やり方を考える。

連休明け:とりあえず、おゆまるの購入を依頼→OKだったので、本格的に準備開始。講義はなんとでもなるから、樹脂粘土をどう仕上げるか・・・と調べたら以前南陽市立沖郷小学校のときの資料しかなかったので高校生向けに作り直す必要があることが判明。メンバーをとりあえず数人見繕う。

5月12日くらい:資料作製依頼
→とりあえず、おゆまる経験者で就活をしていない学生(1年やっていないだけで半分くらいになってる。研究室配属前とB4のときに科学フェスティバル参加学生)に声をかけて、資料を作ってもらうように依頼。

5月17日くらい:資料完成。内容はGood.なので、とりあえず「自動車・・・」とともに完成させて、先方へ送付。手伝ってくれるメンバーを確定(とりあえず9名)。経験者優遇で、年齢層は今後のことを考えて分散しました。ZOOMの打ち合わせの日程を確定。前日は怖いので、少し早めの31日に設定。

おゆまるが足りない分を発注(Amazon)。必要なもの(発泡スチロール製お椀、割り箸、キッチンタオル)の確認。

5月25日:先方と打ち合わせ。資料の確認と、ざっくりとした時間割の確認。また、学生の参加があるので、学生さんに聞きたいことをまとめてもらうことを依頼。

5月28日:学生の打ち合わせの日程とざっくりとした内容を連絡

5月31日:先方と打ち合わせ。学生数やブレイクアウトルームのグループ数などを決定。接続は問題なし。また、ざっくりとした予定を先方と決定。

6月1日:入試からポットを借りてくる。一応、おゆまるをやったことない学生もいるので体験してもらう。

6月3日:講義が終わったあと、ZOOMを立ち上げ接続待ち。資料を確認。西尾東高校のみなさんが入ったのが、開始10分前くらいだったので、学生に呼びかけをして、ZOOMに接続してもらう。

10分前に講義開始。研究室紹介→おゆまるの紹介の流れ。
最初ブレイクアウトルームの立ち上げをミスってしまい、少し時間をロス。

ブレイクアウトルームでの活動開始。一応、カメラON、マイクONにしてもらう。盛り上がっていないところは盛り上げるように、盛り上がっているところはそっと見守る形にしました。だいたい40分で終了(1520)

一応、見回ったほうが良いなぁ、と。10分も経てば、だいたい大丈夫になっていたので、あとは安心して見守る。適当に写真撮影。

おゆまるはそこそこ盛り上がっていたようで良かったです。また、事前に質問を考えておいてもらったのも良かったんだと思います。

こんな感じで説明してもらいました。

そのあと、20分ほどで自動車と高分子をざっと説明で終了。終了後、水を捨てて、現在内部の乾燥中。明日、ポットを入試に返却予定。

学生の皆さんお疲れさまでした。

カテゴリー: お仕事, 研究室 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください