研究紹介:3年生,卒研生,大学院生向け

松葉研究室では,高分子・有機材料の分子レベルからマイクロスケールまでの構造を顕微鏡や散乱,分光,熱測定,粘弾性測定を用いて明らかにしています.計測,分析は産業を支える重要な技術,知見です.卒業・修士論文・博士論文の研究を通して自分自身の知識や技術の習得を行い,世界でトップの研究者・技術者になることを目指します.

下記のように種々の手法を利用することで

高分子・有機材料の多面的な評価を行っています.

◯高分子の結晶化・相分離に伴う構造変化
→分子内部のコンホメーションや配向,ナノメートル〜ミクロンスケールのゆらぎを観測し,ナノメートルレベルの構造を評価

◯延伸,流動時の構造変化
→実際の成形加工に近い条件での構造変化を評価し,「ものづくり」の改善,改良に役立つモデル構築

◯環境に優しい材料の構造解析による機能向上
ポリ乳酸の結晶化(松葉研)
→ポリ乳酸やポリ尿素のような環境に優しい樹脂の結晶,相分離構造制御による高機能化
さらに,実際に用いられている燃料電池やリチウムイオン電池材料,軽量化に寄与するエンジニアリングプラスチックの構造解析など

◯ポリウレタン(ブロックコポリマー)やグラフトコポリマーの構造変化
→共重合体高分子の粘着性や柔軟性などの機能向上のための構造解析

◯でん粉やコンニャクなどの食品やセルロース材料の量子ビームを用いた精密解析

(松葉研:加熱してわらび餅ができると結晶の融解が起こる)
→食品や天然由来材料を量子ビームを用いて解析.「超複雑系」材料の理解

◯3Dプリンタを用いたナノとマクロの構造の評価

→ナノスケールの構造の変化を3Dプリンタを用いてマクロ化して評価

などの研究を行っています.装置としては研究室内・学内の装置を使っています.写真は学内のX線散乱装置です.

さらに,必要に応じて学外の装置を使っています.下の写真は大阪大での実験の様子です.他にも京都大や神戸大,中国のNanjing Universityなどでも実験しています.

特に量子ビームを使った大型施設での実験も積極的に行います.

学生さんと一緒に実験し,研究を進め,理解を深めています.

広い分野で活躍できる人材を育成しています.

研究や実験は国内だけではなくて,国外でも行います.研究を通した国際交流を行っています.

 

進路は化学産業,素材産業,自動車関連産業の研究者,開発者が多いです.博士まで進学する学生もいます.研究の相談も受け付けていますので,ぜひともお越しください.
gmatsuba@yz.yamagata-u.ac.jp