研究紹介:高校生・大学生1〜2年生向け

こんにちは.山形大学工学部 高分子・有機材料工学科 松葉研究室の代表の松葉です.ここでは,高性能なスポーツシューズや機能の高い食品,機能が高くてリサイクル可能なプラスチックなどを作ることを目指して,サイズが0.1 nmから数ミクロンにいたる非常に小さな分子や分子集合体,結晶など評価する研究をおこなっています.

実験例:

◯より高い性能を持つスポーツシューズの研究
(松葉研究室)
→3Dプリンタでモデル材料を作って調べています.足がつかれない靴や運動しやすい靴の材料を開発しています.

◯「わらびもち」や食品の研究

→わらびもちを最先端のX線散乱測定で調べて結晶が溶ける様子を見ています.食品は複雑な系です,他にコンニャクやイネ澱粉などの食品を精密に調べています,

◯より強い糸,プラスチック,自己修復性材料の性能をあげる研究
(Park ら, Adv. Mat., 2020)
自己修復性材料や高弾性率繊維,燃料電池膜などについても調べています.

◯環境に優しいプラスチックの機能向上のための研究
(松葉研究室.ポリ乳酸の結晶)
→顕微鏡やX線を使って調べています.他にも燃料電池やリチウムイオン電池の性能向上を目指して,材料の分析を行います.

◯セルロースナノファイバーの研究
環境に優しい日本製の材料をもっと使えるようにする研究です.

などなど・・・.

また,基本的には大学内の実験でデータをとります.

また,他の大学や研究所などで実験をしています.一番大事なのは自分の手を動かして,自分で学ぶことなので,学生が現地で実験し解析しています.こちらは大阪大学の装置を借りて実験している様子です.

大型施設での測定もしています.最先端の装置を使って測定,解析を行います.みんなで協力して実験します.

※新型コロナウィルスには最大限気をつけて実験しています.

◯国際化について
研究は国内だけではなくて,国外で発表することがあります.国際交流も可能です.

山形大学でもオープンキャンパスなどのイベントを行っていますので,ぜひとも遊びに来てください.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください